初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

Galaxy S21シリーズのスペック比較、発売日、価格 | デザインが刷新され、S21 UltraはSペンに対応

Galaxy S21シリーズ_アイキャッチ画像

2021年1月に発表されたSamsung(サムスン)のスマートフォン「Galaxy S21シリーズ」のスペック比較、発売日、価格ををまとめます。

Galaxy S21、S21+、S21 Ultraの3モデルがラインナップされています。

サイドフレームとカメラが一体となっている、一目でS21シリーズと分かる新たなデザインが特徴です。

チップセットは最新・高性能の「Snapdragon 888」もしくは「Exynos 2100」を搭載しています。

また、S21 Ultraのみではありますが、Galaxy Sシリーズとしては初めてSペンに対応しています。

Galaxy S21シリーズのオススメポイント

S20シリーズから刷新された本体デザイン
最新の高性能SoC「Snapdragon 888(またはExynos 2100」を搭載
Galaxy Sシリーズ初のSペンに対応(S21 Ultraのみ)
DAI
他のスマホでは見られない独特なデザインで、一目でS21シリーズだと分かります。

気になる点

  • microSDに非対応
  • S21とS21+のディスプレイ解像度がFHD+へ劣化
DAI
いずれもS20シリーズ比較して劣化している点です。

 

デザイン

Galaxy S21シリーズ_外観1

デザインはGalaxy S20シリーズから一新され、サイドフレームとカメラが一体のデザインは目を引きます。

本体カラー毎に背面パネルとカメラ部分の色の組み合わせが異なっており、上手いこと個性を出せている良いデザインですね。

Galaxy S21+_ファントムバイオレット

特にGalaxy S21・S21+のファントムバイオレットはカメラ部分にゴールド、背面パネルにバイオレットを採用しておりオシャレな色の組み合わせです。

背面パネルはマットな質感となっており、指紋が目立ちにくいのも嬉しいポイントです。

 

サイズ・重さ

Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
サイズ 高さ151.7 x 幅71.2 x 厚さ7.9mm 高さ161.5 x 幅75.6 x 厚さ7.8mm 高さ165.1 x 幅75.6 x 厚さ8.9mm
重さ 171g(mmW対応端末)
169g(sub6対応端末)
202g(mmW対応端末)
200g(sub6対応端末)
229g(mmW対応端末)
227g(sub6対応端末)
Galaxy S21+_ハンズオン
Galaxy S21+

Galaxy S21とS21+はS20シリーズと比較して高さはほぼ変わっていませんが、幅は2mmほど広くなっています

また、S21とS21+の重さは両モデル共にS20シリーズから増加しています。

Galaxy S21 Ultra_ハンズオン
Galaxy S21 Ultra

一方のS21 Ultraは先代モデルよりもややコンパクトに仕上がっており、S21+よりも高さが4mm弱大きい程度です。

ただし重さは230g近くあり、S21シリーズの中では圧倒的に重いです。

 

処理能力

チップセットはExynos 2100もしくはSnapdragon 888がS21シリーズ全モデルに搭載されています。

スマートフォンに採用されているSoCとしては現状最も性能が高く、かなり軽快に動作するでしょう。

RAMはS21とS21+が8GBのみであるのに対し、S21 Ultraは12GBもしくは16GBが選択可能です。

ディスプレイ

Galaxy S21シリーズ_ディスプレイ

Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
サイズ 6.2インチ有機EL 6.7インチ有機EL 6.8インチ有機EL
形状 フラット エッジ
解像度 FHD+ (2400 x 1080) QHD+ (3200 x 1440)
リフレッシュレート 120Hz (48-120Hz) 120Hz (10-120Hz)

Galaxy S21 UltraとS21・S21+のディスプレイは差別化が図られています。

形状に関しては、S21 UltraのエッジディスプレイよりもS21・S21+のフラットディスプレイを好む方が多いかもしれません。

ただし解像度やリフレッシュレートはS21 Ultraが明らかに優れています。

S21とS21+の解像度がS20のQHD+からFHD+に落ちてしまったのは残念ですね。

リフレッシュレートは最大120Hzである点は全モデル共通ですが、S21 Ultraは10Hzまで可変できるためバッテリー消費の面では有利です。

バッテリー

Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
バッテリー 4000mAh 4800mAh 5000mAh

バッテリー容量は本体サイズに比例しており、S21 Ultraが最大の5000mAhを搭載しています。

S20シリーズと同様に、USB PD 3.0の急速充電(有線)およびFast Wireless Charging 2.0に対応しています。

中国メーカーの最新スマホのような50〜100W級の急速充電に期待したかったのですが、S20シリーズの最大25Wから進化していないのは気になります。

カメラ

Galaxy S21シリーズ_カメラ

Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
広角 12MP(F1.8) 108MP(F1.8)
超広角 12MP(F2.2) 12MP(F2.2)
望遠1 64MP(F2.0、ハイブリッド3倍) 10MP(F2.4、光学3倍)
望遠2 - 10MP(F4.9、光学10倍)
インカメラ 10MP 40MP

Galaxy S21とS21+のカメラは共通で、先代のS20と同じ仕様です。

広角+超広角+望遠のトリプルカメラを搭載しており、望遠カメラが最も高画素な64MPとなっています。

高画素の写真を部分的に切り出すことによるハイブリッド3倍ズームを実現しており、光学ズームを採用しているS21 Ultraとは仕組みが異なります。

S21 Ultraは108MPの超高画素カメラを採用している点はS20 Ultraと同様ですが、望遠カメラが刷新されています。

光学3倍と10倍の2つの望遠カメラを搭載しており、さらにデジタルズームを組み合わせることで最大100倍のズームを実現しています。

望遠撮影はもちろん、メインの広角カメラの画質向上にも期待したいですね。

Sペン(S21 Ultraのみ)

Galaxy S21 Ultra_Sペン

Galaxy S21 Ultraは、Galaxy Sシリーズとしては初めてSペンに対応しています。

Galaxy Noteシリーズとは異なり本体に収納することはできませんが、別売りのケースに収納することができます。

発売日

Galaxy S21シリーズのグローバルでの発売日は2021年1月29日です。

日本では例年通り、ドコモとauから発売されるでしょう。

日本での発売時期ですが、Galaxy Sシリーズは春夏モデルとして5月に発売される傾向にあります。

ただし、昨年は5Gのサービス開始に合わせて3月にS20シリーズが発売されており、S21シリーズも同様に3月頃に発売される可能性がありますね。

価格

Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
128GB 799.99ドル 999.99ドル 1199.99ドル
256GB 849.99ドル 1049.99ドル 1249.99ドル
512GB - - 1379.99ドル

Galaxy S20シリーズから200ドルもの値下げが行われており、S20と比較してかなり安くなりました。

スペックの進化が小さなS21とS21+だけでなく、進化幅が比較的大きいS21 Ultraも200ドル値下げされておりお買い得です。

Galaxy S21シリーズのスペック(グローバル版)

製品名 Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
メーカー Samsung(サムスン)
発売日 2021年1月29日
価格 799.99ドル〜 999.99ドル〜 1199.99ドル〜
本体サイズ 縦151.7 x 幅71.2 x 厚さ7.9mm 縦161.5 x 幅75.6 x 厚さ7.8mm 縦165.1 x 幅75.6 x 厚さ8.9mm
重さ 171g(mmW対応端末)
169g(sub6対応端末)
202g(mmW対応端末)
200g(sub6対応端末)
229g(mmW対応端末)
227g(sub6対応端末)
カラー ファントムバイオレット
ファントムグレー
ファントムホワイト
ファントムピンク
ファントムバイオレット
ファントムブラック
ファントムシルバー
ファントムピンク
ファントムブラック
ファントムシルバー
ディスプレイ 6.2インチ有機EL(Flat FHD+)
120Hz(48-120Hz)
6.7インチ有機EL(Flat FHD+ )
120Hz(48-120Hz)
6.8インチ有機EL(Edge QHD+ 3200 x 1440)
120Hz(10-120Hz)
バッテリー容量 4000mAh 4800mAh 5000mAh
ワイヤレス充電
OS Android 11
CPU Exynos 2100またはSnapdragon 888
RAM・ストレージ 8GB + 128GB
8GB + 256GB
12GB + 128GB
12GB + 256GB
16GB + 512GB
microSD ×
アウトカメラ 12MP(広角、F1.8)
12MP(超広角、F2.2)
64MP(望遠、F2.0、ハイブリッド3倍)
108MP(広角、F1.8)
12MP(超広角、F2.2)
10MP(望遠、F2.4、光学3倍)
10MP(望遠、F4.9、光学10倍)
インカメラ 10MP(F2.2) 40MP(F2.2)
5G 5G NSA,、SA、Sub6 / mmW
Wi-Fi Galaxy S21 UltraのみWi-Fi 6Eに対応
コネクタ USB Type-C
おサイフケータイ/NFC ×/○
防水・防塵 IP68
イヤホンジャック ×
生体認証 指紋認証、顔認証
公式サイト Galaxy S21 5G | S21+ 5G Galaxy S21 Ultra 5G

まとめ

Galaxy S21シリーズを紹介してきましたが、その一番の特徴は本体デザインです。

サイドフレームとカメラが一体化した独特なデザインは、他のスマホには無い個性があります。

肝心のスペックですが、S21とS21+はプロセッサが刷新されたのものの正直S20シリーズからあまり進化していません。

進化は少ないですが、200ドル安くしてデザインとプロセッサを刷新しただけでも十分魅力のある端末ですね。

一方のS21 UltraはSペン対応やカメラの変更など着実に進化しています。

S21 Ultraも先代モデルから200ドルも安く、予算に余裕があればS21シリーズで一番にオススメしたいモデルですね。