初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

AQUOS sense3 basic SHV48 スペックまとめ・評価 | 大容量バッテリー搭載のエントリースマホ

AQUOS sense3 basic_アイキャッチ画像

2020年6月に発売のスマートフォンAQUOS sense3 basic SHV48のスペックをまとめ、評価をします。

2019年末に登場した「AQUOS sense3」の下位モデルです。全体的にスペックダウンしましたが、引き続き大容量バッテリーが搭載されています。

スペックが低めのエントリースマホながら、上質なアルミボディが引き続き採用されている点も特徴的ですね。

今回紹介する製品

メーカー SHARP(シャープ)
製品名 AQUOS sense3 basic
キャリア au
型番 SHV48
発売日 2020年6月19日
価格(税込) 22,000円
ソフトバンクからは法人向けに発売されていますが、一般向けはauが初です

AQUOS sense3 basicのオススメポイント

4000mAhの大容量バッテリー搭載
防水・防塵MIL規格に対応
質感の高いアルミボディを採用
スペックの抑えられたエントリースマホながら、バッテリーは非常に優秀ですね

気になる点

  • おサイフケータイに対応していない
  • 指紋センサーを搭載していない
  • RAM・ROM容量が少ない(3GB / 32GB)
生体認証は必然的に顔認証を使うことになりますね

AQUOS sense3 basicの特徴・評価

デザイン・質感 4.0
携帯性 4.5
レスポンス 3.5
画面表示 4.0
バッテリー 4.5
カメラ 3.0
機能性 3.5
コストパフォーマンス 4.0

デザイン・質感: 4.0

AQUOS sense3 basic_外観

スペックの抑えられたエントリーモデルながら、樹脂ではなくアルミボディを採用しています。

見た目や触り心地が上質なのはもちろん、耐久性にも期待ができます

前面は指紋センサーがないため、スッキリとした見た目をしています。

カラーバリエーションはライトカッパー・シルバー・ブラックの3色です。

アルミの質感の良さが伝わりそうなカラバリですね。

携帯性: 4.5

サイズは縦147 x 幅70 x 厚さ8.9 mmです。

スマートフォンにしては非常にコンパクトで握りやすいサイズです。

重さも167gとなっており、比較的軽量ですね。

参考に同じサイズ・重さの「AQUOS sense3」は片手で操作しやすく、使いやすいですよ。

レスポンス: 3.5

ミドルレンジ向けのCPU「Snapdragon 630」やRAM 3GBを搭載しています。

「Snapdragon 630」は負荷のかかる重いゲームには向きませんが、ブラウザやSNSなど基本的な作業であれば問題ない性能です。

一方のRAM 3GBはやや頼りなさを感じます。上位モデルと同様に4GBを搭載して欲しかったですね。

画面表示: 4.0

AQUOS sense3 basic_ディスプレイ

ディスプレイは5.5インチFHD+(2160 x 1080ピクセル)液晶を搭載しています。

上位モデルの「AQUOS sense3」も同じ液晶を採用していますが、かなり発色が良く見やすい印象です。

省エネのIGZOディスプレイを搭載していることもあり、バッテリー持ちにも貢献しています。

バッテリー: 4.5

バッテリー容量は4000mAhです。

スペックを抑えたエントリーモデルながら、バッテリーは上位モデルと同じ大容量です。

バッテリーはAQUOS sense3 basicの一番の強みと言えるでしょう。

ワイヤレス充電には残念ながら対応していません。

カメラ: 3.0

AQUOS sense3 basic_カメラ

1200万画素(広角、F2.0)のカメラを背面に搭載しています。

上位モデルの「AQUOS sense3」から超広角カメラが省かれて、広角のみのシングルカメラとなっています。

シングルカメラですが、人物を撮るときには背景をぼかすことができます

また、AIが被写体やシーンを自動検知し最適なモードで撮影できます。

また、前面には800万画素(F2.2)のカメラを搭載しています。

機能性: 3.5

エントリーモデルながら、防水・防塵にはしっかり対応しています。

さらにMIL規格にも対応しており、耐衝撃や高低温などといった耐久性の高さが特徴です。

国産モデルらしく防水・防塵に対応している一方で、おサイフケータイやNFCには対応していません。上位モデルには搭載されているだけに、残念なポイントです。

また、指紋センサーも上位モデルから省かれています。生体認証は顔認証にしか対応していない点にも注意が必要です。

コストパフォーマンス: 4.0

価格は税込22,000円と、非常に安価なスマホです。

安価ながら4000mAhの大容量バッテリーやアルミボディなど、十分お買い得に感じます。

コストパフォーマンスは十分優れていると言えそうです。

 

あわせて読みたい

2019年11月に発売されたスマートフォンのAQUOS sense3(アクオス・センス・スリー)の実機レビュー・評価をします。 今回レビューする製品 メーカー SHARP(シャープ) 製[…]

AQUOS sense3アイキャッチ画像

 

AQUOS sense3 basicをオススメしたいユーザー

  • スペックよりも安さを重視したい
  • バッテリー持ちを最優先させたい
  • おサイフケータイを必要としていない

スペック

メーカー SHARP(シャープ)
製品名 AQUOS sense3 basic
キャリア au
型番 SHV48
発売日 2020年6月19日
価格(税込) 22,000円
OS Android 9
本体サイズ 縦147 x 幅70 x 厚さ8.9 mm
重さ 167 g
カラー ライトカッパー、シルバー、ブラック
ディスプレイサイズ・種類 5.5インチ液晶(IGZO)
デイスプレイ解像度 Full HD+(2160 x 1080ピクセル)
バッテリー容量 4000 mAh
Qi(ワイヤレス充電) ×
CPU Snapdragon 630
内蔵メモリ 3 GB RAM / 32 GB ROM
外部メモリ microSD(最大512 GB)
アウトカメラ画素数 1200万画素(広角、F2.0)
インカメラ画素数 800万画素(F2.2)
対応バンド 未定
SIMスロット nanoSIM x 1
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB Type-C
おサイフケータイ ×
NFC ×
防水・防塵 IP5/8 IP6X
イヤホンジャック
生体認証
やや古めのAndroid 9なので、10へのアップデートにも期待したいですね

まとめ

AQUOS sense3 basic SHV48】は2020年6月にauから発売のシャープ製スマートフォンです。

スペックを抑えたエントリーモデルながら、4000mAhの大容量バッテリーやアルミボディを採用しているのが特徴です。

優れた面がある一方、ベースの「AQUOS sense3」からはかなりスペックが抑えられています。

価格は非常に安く、初のスマホやサブスマホにオススメです。