初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

iPhone 8 実機レビュー | ホームボタン付きで性能も十分!

iPhone 8アイキャッチ画像

2017年9月に発売され、2020年現在も販売され続けているiPhone 8の実機レビュー・評価をします。

今回レビューする製品

メーカー Apple(アップル)
製品名 iPhone 8
発売時期 2017年9月22日
Apple Store
価格
64 GB 128 GB
52,800円(税別) 57,800円(税別)
現在Apple Storeで購入できる最安のiPhoneです!

iPhone 8のオススメポイント

最安のiPhoneながら性能は十分以上!
ホームボタン付きで直感的に使いやすい!
4.7インチ画面がコンパクトで操作しやすい!
ホームボタンに備わるTouch ID(指紋認証)は使い勝手が良いんですよね

気になる点

  • 低解像度な液晶ディスプレイ
  • シングルカメラのみで望遠・超広角カメラなし
ディスプレイは低解像度であまりワイドではない(16;9)ので、やや時代遅れな感じがします

iPhone 8の評価

デザイン・質感 4.5
携帯性 4.5
レスポンス 4.5
画面表示 4.0
バッテリー 4.0
カメラ 4.0
機能性 4.5
コストパフォーマンス 4.0

デザイン・質感: 4.5

iPhone 8外観

Appleの製品らしく、側面のアルミフレームや背面ガラス、サファイヤガラス製のホームボタン等至るところにクオリティの高さを感じます

背面ガラスの色合いはゴールド・シルバー・スペースグレイのどのカラーでも深みがあり、立体的です。

カメラの出っ張りも最新のiPhone 11シリーズと比較すると抑えられており、気にならないレベルです。

レスポンス: 4.5

SafariやLINE、動画視聴からゲームまであらゆるアプリが快適に動作します。

iPhoneらしくスクロールにも癖がなく、サクサク動作します。

最新のiPhone 11シリーズと比較するとアプリの切り替わりや読み込みのレスポンスは劣りますが、iPhone 8単体で使用している分には気になりません。

またゲームはよほど動作の重いものでなければ、快適にプレイ可能です。

画面表示: 4.0

iPhone 8画面

ディスプレイは4.7インチRetina HD(1334 x 750ピクセル、IPS液晶)を搭載しています。

視野角は広く、画面輝度は十分です。

解像度(1334 x 750ピクセル)は低いですが、使用していてもドットの荒さは感じません。

ディスプレイは最近流行りの有機ELではなく液晶ですが、スマホの液晶の中ではトップレベルの視野角・発色の良さがあります。

画面比率(アスペクト比)は16:9と、最近のスマホと比較するとワイドさに欠けます。SafariでWEBブラウジングをしていると、情報量の少なさを感じさせる場面があります

バッテリー: 4.0

バッテリーの持ちはスマートフォンとしては十分優れているように感じます。

別売りのACアダプタを使用することで高速充電も可能です。

ワイヤレス充電(Qi)にも対応しており、充電に必ずしもLightningケーブルが必要ない点は評価できます。

カメラ: 4.0

iPhone 8で撮影した写真

iPhone 8のアウトカメラは広角カメラのみのシングル構成です。

ナチュラルな色合いで、癖のないスッキリした写真を撮ることができます。

設定できる項目はAndroidスマートフォンと比較すると少ないですが、誰が撮影してもキレイな写真が撮れるようなチューニングがされています。

ただし光量の少ない夜景などの撮影には弱く、ノイズが多めです。

また超広角カメラや望遠カメラは搭載していないため、至近距離の広範囲や遠距離の撮影には適していません。

機能性: 4.5

FeliCa、防水・防塵対応、ステレオスピーカー内蔵、3D Touch対応等最安のiPhoneながら十分な機能性を有しています。

SIMカードはドコモ・au・ソフトバンク系列全てに対応しているため、現在契約している回線がそのまま使えます。

機能は充実していますが、ホームボタンや16:9のディスプレイ等新しさは感じません

コストパフォーマンス: 4.0

10万円越えの最新のiPhoneの半額以下で購入できるため、非常にお買い得に感じます。

ただしAndroidスマホを含めるとよりコストパフォーマンスの優れたモデルが存在します。iPhoneシリーズの価格の高さを感じさせます。

 

「コストパフォーマンス」が高いAndroidスマホなら、こちらがオススメ!

関連記事

2019年10月に発売されたスマートフォンのOPPO Reno A(オッポ・リノ・エー)の実機レビュー・評価をします。 今回レビューする製品 メーカー OPPO(オッポ) 製品名 Re[…]

Reno Aアイキャッチ画像

 

iPhone 8をオススメしたいユーザー

  • 最新のiPhoneは必要ないが、性能は妥協したくない
  • 慣れ親しんだホームボタンや指紋認証を使いたい
  • おサイフケータイや防水・防塵機能が欲しい

スペック

メーカー Apple(アップル)
製品名 iPhone 8
発売日 2017年9月22日
Apple Store 価格 64 GB 128 GB
52,800円(税別) 57,800円(税別)
OS iOS 13
本体サイズ 縦138.4 x 幅67.3 x 厚さ7.3 mm
重さ 148 g
カラー ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ディスプレイサイズ・種類 4.7インチIPS液晶(Retina HD)
デイスプレイ解像度 1334 x 750 ピクセル
連続通話時間 最大14時間
インターネット利用 最大12時間
ビデオ再生 最大13時間
オーディオ再生 最大40時間
Qi(ワイヤレス充電)
CPU A11 Bionic
アウトカメラ画素数 1200万画素(広角 F1.8)
インカメラ画素数 700万画素(F2.2)
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
SIMスロット nanoSIM x 1
Wi-Fi MIMO対応802.11ac
Bluetooth 5.0
コネクタ Lightning
おサイフケータイ
NFC
防水・防塵 ○(IP67)
イヤホンジャック ×
生体認証 指紋認証(Touch ID)
64GBと128GBの差額は5000円。オススメは128GBモデルです!

まとめ

【iPhone 8】は価格が5.2万円〜と、Apple Storeで購入できるiPhoneの中では最安です。

口コミの評判も良く、多くのユーザーが特にホームボタン・携帯性・レスポンスに満足しています。

カメラやディスプレイ等最新のiPhoneに劣る部分が気にならなければ、間違いなく「買い」の一台です。