初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

iPhone 12 Pro Max 実機レビュー | 大幅強化されたカメラと史上最大のディスプレイが魅力的

iPhone 12 Pro Max_アイキャッチ画像

2020年11月に発売の「iPhone 12 Pro Max」を購入しましたので、実機レビューをします。

DAI
ストレージは256GB、色はパシフィックブルーを選択しました。

iPhone 12 Max Proの最大の特徴は、画面サイズとカメラです。

本体サイズが大きいのはもちろん、ディスプレイもiPhone史上最大の6.7インチとなっています。

また、iPhone 12 Pro Maxのみカメラが大幅に進化しています。iPhone 12や12 Proとは差別化されています。

「iPhone 12 Pro Max」は

  • 大画面でゲームや動画を楽しみたい
  • カメラのスペックには徹底的にこだわりたい
  • 一番高性能なiPhoneが欲しい

そんな方にピッタリなスマートフォンです。

iPhone 12 Pro Maxの基本スペック

発売日 2020年11月13日
本体サイズ 縦160.8 x 幅78.1 x 厚さ7.4mm
重さ 226g
ディスプレイ 6.7インチ有機EL
(2778 x 1284ピクセル)
チップセット A14 Bionic
ストレージ 128GB、256GB、512GB
アウトカメラ 12MP(広角、f/1.6)
12MP(超広角、f/2.4、視野角120°)
12MP(望遠、f/2.2、光学2.5倍)
LiDARセンサー
インカメラ 12MP(f/2.2)
価格(税込)
(SIMフリー版)
128GB: 129,580円
256GB: 141,680円
512GB: 165,800円
購入先
(SIMフリー版)
Apple Store
ヨドバシ.com
ビックカメラ.com
DAI
ストレージの最小容量は先代の64GBから128GBに増加しました。128GBあれば安心という方も多いのではないでしょうか。

iPhone 12 Pro Maxのオススメポイント

広角・望遠カメラや手ブレ補正などカメラが大幅に進化
iPhone史上最大の6.7インチ有機ELディスプレイ
高級感あるステンレスフレームと角張ったデザイン
DAI
iPhone 12シリーズの中では最もカメラ性能が高いモデルです。カメラ目当てならiPhone 12 Pro Max一択ですね。

気になる点

  • 片手操作がつらい大きさ、ずっしりとした重さ
  • Face IDにしか対応しておらず不便
  • 60Hz駆動のディスプレイは滑らかさが物足りない
DAI
最重量級のスマホなだけあって、どうしても重さは気になります。

iPhone 12 Pro Maxの評価

デザイン 5.0
携帯性 2.5
レスポンス 5.0
ディスプレイ 4.5
バッテリー 4.5
カメラ 5.0
機能性 4.5
価格・コスパ 3.0

デザイン: 5.0

iPhone 12 Pro Max_外観1

かつてのiPhoneのような角張ったデザインが特徴です。丸みを帯びたデザインよりも格好良いと思う方も多いのではないでしょうか。

背面は先代のiPhone 11 Pro同様に、磨りガラスのようなマットな質感となっています。

DAI
指紋が目立ちにくいのが良いですね。

新色のパシフィックブルーは非常に落ち着いた色合いで、少し暗めの環境ではグレーのような色にも見えます。

iPhone 12 Pro Max_外観2

側面は光沢のあるステンレススチールのフレームで覆われています。金属光沢が美しく、鏡のように光を反射します。

iPhone 12 Pro Max_サイド

サイドボタン(電源ボタン)や音量ボタンは側面フレームと同様に、フラットな形状となっておりデザインに統一感があります。

iPhone 12 Pro Max_カメラ

カメラユニットはかなり大きく、存在感があります。台座のガラスは光沢があり、背面パネルや側面フレームとは違った質感です。

DAI
カメラは結構出っ張っているので、ケースで保護することをオススメします。

携帯性: 2.5

iPhone 12 Pro Max_ハンズオン

本体サイズ 高さ160.8 x 幅78.1 x 厚さ7.4mm
重さ 226g

iPhone最大のモデルではありますが、高さは160.8mmとなっており特別大きくは感じません。Androidスマホを含めれば、160mm超えは珍しくありませんからね。

厚さも薄くてスタイリッシュですね。

ただし幅は78.1mmとスマホ最大級です。片手で文字入力する際に、キーボードの端まで指を動かしにくいです。

DAI
両手で操作することをオススメします。

重さも226gとスマホ最大級です。実際けっこう重く、常に重さを意識させられます。

レスポンス: 5.0

チップセットは最新のA14 Bionicを採用しています。

ブラウザをはじめ、あらゆるアプリがサクサク動作します。

さらに、RAMを6GBも搭載しているので、複数のアプリを立ち上げてもアプリが自動で終了することはほとんどありません。

DAI
例えばRAM 3GBのiPad mini 5thでバックグラウンドのアプリを呼び戻すと、アプリが再起動して不便な思いをすることがよくあります。

iPhone 12 Pro Max_AnTuTu

iPhone 12 Pro Maxの性能を検証するにあたり、AnTuTu(v8.4.6)のベンチマークスコアを計測してみると648888でした。

Androidスマホを含め最高クラスのスコアとなっており、現状最強性能のスマホと言えますね。

ディスプレイ: 4.5

iPhone 12 Pro Max_ディスプレイ

iPhone史上最大の6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しています。

iPhone 12 Pro Max_iPad mini 5thとの比較
iPad mini 5th(左)とiPhone 12 Pro Max(右)

縦方向はもはやiPad miniに匹敵するサイズとなっており、ミニタブレットと呼びたくなります。

DAI
ゲームや動画視聴には最高なサイズです。

解像度もiPhone史上最高の2,778 x 1,284(458ppi)となっており、非常に高精細です。

iPhone 12 Pro Max_ディスプレイ2

ディスプレイの形状は完全にフラットなので、保護フィルムも画面の端まで貼ることができます。

発色も良く非常に高品質なディスプレイなのですが、リフレッシュレートが60Hzのままである点は気になります。

iPad ProやハイエンドAndroidで採用されている、120Hz以上の滑らかなディスプレイに慣れていると物足りなさを感じます。

DAI
次期iPhoneには、ぜひ120Hz駆動の滑らかなディスプレイを搭載してほしいですね。

バッテリー: 4.5

サイズが大きいだけでなく、バッテリーもiPhoneの中では最も長持ちします。

ブラウザ・ゲーム・動画・音楽など様々な用途でiPhone 12 Pro Maxを使用していますが、バッテリー持ちに不安を抱くことなく満足しています。

急速充電は20W以上の出力のACアダプターを使うことで可能となります。

充電速度はかなり早く、ちょっとした空き時間である程度充電できてしまうので便利ですね。

DAI
ACアダプターは付属していないので、別途用意しましょう。

iPhone 12 Pro Max_MagSafe

また、iPhone 12シリーズから新たに磁力を使ったワイヤレス充電である、MagSafeにも対応しています。

DAI
MagSafeよりもLightningケーブル経由の方が充電速度が速いので、MagSafeはあまり使っていません。

カメラ: 5.0

アウトカメラ 12MP(広角、f/1.6)
12MP(超広角、f/2.4、視野角120°)
12MP(望遠、f/2.2、光学2.5倍)
LiDARセンサー
インカメラ 12MP(f/2.2)

※iPhone 12 Pro Maxで撮影した写真は今後追加予定です。

iPhone 12 Pro Maxに搭載されているカメラは、他のiPhone 12シリーズとは全く異なると言っていいほどに刷新されています。

iPhone 12 Pro Max_写真1(広角)
広角カメラにて撮影。左奥の建物や空の色、草木や落ち葉のディティールもしっかり表現できています。

メインの広角カメラは従来から47%センサーサイズが大型化されており、より明るく綺麗な写真撮影が可能です。

超広角カメラは新たにナイトモードに対応しています。超広角カメラでも綺麗に夜景が撮影できそうですね。

望遠カメラは11 Proや12 Proよりもさらに高倍率な、光学2.5倍ズームに対応しています。

DAI
超広角カメラはiPhone 12シリーズ全て共通ですが、広角と望遠カメラは差別化がされています。

また、手ブレ補正も他のiPhoneとは異なり、新たにセンサーシフト光学式を採用しています。

従来よりも手ブレ補正が強化されており、手ブレの起きやすい場面での動画撮影で真価を発揮します。

機能性: 4.5

iPhone 12シリーズは新たに5G通信に対応しています。

まだまだ5G対応のエリアは狭く実用的とは言えませんが、iPhone 12シリーズが5G端末普及のきっかけにはなるかもしれません。

DAI
5G通信は機会があれ試してみたいですね。

生体認証は従来通りFace IDに対応しています。認証は一瞬で完了しますし、精度も良いですね。

ただし昨今の事情によりFace IDが使えない場面も多く、その度にパスコードを入力するのは不便です。

DAI
Face IDだけでなく、Touch IDも搭載して欲しかったです。

価格・コスパ: 3.0

128GB 256GB 512GB
価格(税込)
(SIMフリー版)
129,580円 141,680円 165,800円

価格はスマホとしては高価ですが、先代の11 Pro Maxよりはお買い得となっています。

64GBモデルは128GBに置き替わったにもかかわらず、価格は若干安くなりましたからね。

256GBモデルと512GBモデルは約8000円も安くなりました。

他のiPhone 12シリーズと比べてカメラも大幅に進化していますし、よりお買い得なモデルになりましたね。

 

まとめ

「iPhone 12 Pro Max」はサイズ・スペック・価格と、あらゆる点で頂点に立つiPhoneです。

iPhone史上最大の6.7インチディスプレイや、刷新された高性能カメラはiPhone 12 Pro Maxでしか味わえない特徴となっています。

サイズと価格さえ許せば、大画面と高性能なカメラを求めている方には迷わずオススメしたいiPhoneですね。