初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

Unihertz Jelly 2 実機レビュー | おサイフケータイ付きのサブ機にピッタリなスマホ

Jelly 2 レビュー_アイキャッチ画像

Unihertz(ユニハーツ)のスマートフォン「Jelly 2」が手元に届きましたので実機レビューをしていきます。

Jelly 2は手のひらに余裕で収まる、非常にコンパクトなスマートフォンです。

電子マネーの決済用にコンパクトなサブ機を探していたところ、Jelly 2のクラウドファンディングが実施されていたため出資し入手に至りました。

おサイフケータイに対応しているため、Suicaをはじめ様々な電子マネーに対応していますよ。

あまりに小さいためメイン機としてはオススメできませんが、特定の目的でサブ機として持つには最適なスマホです。

そんなJelly 2の実際の使い勝手はどうなのかを、徹底的にレビューしていきます。

Jelly 2の基本スペック

発売日 2021年3月5日
本体サイズ 高さ95 x 幅49.4 x 厚さ16.5mm
重さ 110g
ディスプレイ 3.0インチ液晶
(480 x 854ピクセル)
バッテリー容量 2000mAh
OS Android 10
CPU Helio P60 Octa-Core, 2.0GHz
RAM・ストレージ 6GB + 128GB
外部メモリ microSD
アウトカメラ 1600万画素
インカメラ 800万画素
価格 219.99ドル(約23,100円)
購入先 Jelly 2 - Unihertz 公式サイト
非常にコンパクトながらスペックが充実しているのが特徴です。

Jelly 2のオススメポイント

非常にコンパクトだから片手でも余裕で操作できる
コンパクトなサイズからは想像できないほどサクサク動作
おサイフケータイに対応
スマホ最小級のコンパクトさが特徴で、サブ機として使うのがオススメです。

気になる点

  • 一般的なスマホの2倍ほど分厚い
  • 待機時のバッテリーの減りが早い
  • 充電しながら操作しづらい
コンパクトなスマホならではの欠点はどうしても出てきてしまいますね。

Jelly 2の評価

デザイン・質感 3.5
携帯性 5.0
レスポンス 3.5
画面表示 3.0
バッテリー 3.0
カメラ 3.0
価格 4.0

保護フィルムとケースが装着済だからすぐに使える

Jelly 2 レビュー_保護フィルムとケース

Jelly 2には保護フィルムとケースがあらかじめ装着されているため、開封後すぐに使い始めることができます。

ケースは付属品なだけあって、サイズがピッタリです。

Jelly 2 レビュー_ケース(ストラップホール)

ケース下部にはストラップホールが備わっています。

デザイン:コンパクトで可愛らしいが実用面では気になる点も

Jelly 2 レビュー_外観1

Jelly 2は全体的に丸みを帯びた形状をしており、そのコンパクトさと相まってとても可愛らしいです

本体カラーはメタリック感のあるブルーで、キラキラしていて格好良いですね。

Jelly 2 レビュー_グラつきの様子

背面は全体的にカーブしているため、机のような平らな面に置くとややグラつきます。とはいえ、Jelly 2ほどのコンパクトなスマホは手に持って使うことがほとんどですから特に気になりません。

Jelly 2 レビュー_指紋センサー

指紋センサーは背面に搭載されているのですが、あまりにコンパクトなため指紋認証の際には指を曲げる必要があります。

Jelly 2 レビュー_USBケーブル

USB Type-C端子は本体右側面という独特な位置に搭載されています。私は右手でスマホの操作をするのですが、充電しながら操作がしにくい点は気になりますね

サイズ・重さ:「厚み」のおかげでコンパクトながら握りやすい

Jelly 2 レビュー_iPhone 12 Pro Maxとの厚さ比較
iPhone 12 Pro Maxとの比較。Jelly 2は非常にコンパクトで分厚い。

Jelly 2は手のひらに余裕で収まるほどコンパクトですが、実機を手にした第一印象は「分厚い!」でした

厚さが16.5mmと一般的なスマホの約2倍ほどあり、ボリューム感は中々のものです。

Jelly 2 レビュー_ハンズオン1

コンパクトながら厚みがあるおかげで、手にしっくりと馴染んで操作しやすいですね

重さは110gとサイズの割には重い印象ですが、厚さのおかげか特に重いとは感じません。

処理能力:サイズからは想像できないほどサクサク動作

まずJelly 2で感動したのが顔認証の速さです。

Jelly 2に近いサイズのRakuten Miniは顔認証がかなり遅かったので、Jelly 2の顔認証の速さには驚きました。

ブラウザもサクサク動作しますし、コンパクトながらレスポンスは十分です。

CPUは「Helio P60」、RAMは6GBと高性能なスペックとなっており快適に動作するのも納得です

ディスプレイ:片手で余裕で操作できる大きさ

Jelly 2 レビュー_ハンズオン2

ディスプレイのサイズは3インチと大抵のガラケーよりも小さく、片手での操作は余裕です。

片手で持ったときに親指が画面の隅々まで届き、通知バーの操作も楽にできます。

一方でディスプレイの小ささ故に、文字の読みづらさや文字入力のしづらさもあります

Jelly 2 レビュー_QWERTYキーボード

特にQWERTYキーで文字入力するのは結構辛いですね。

とはいえ、メールやSNS・天気の確認などのライトな作業をする分には十分実用的なサイズですよ。

バッテリー:容量の割には持つが待機時の減りは早め

バッテリーは2000mAhと一般的なサイズのスマホの1/2程度です。

小さなディスプレイのおかげか、少ない容量の割にはバッテリーが持つ印象です。

ただし、待機時のバッテリーの減りは早いですね。

逆に充電は短時間で終わるので、モバイルバッテリーを持ち歩いて常に充電できる環境にしておくのが望ましいです。

カメラ:そこそこな画質だが明るさや鮮明さに欠ける

※後日Jelly 2のカメラで撮影した画像を追加する予定です。

軽く室内を撮影した感じでは、コンパクトで安価なスマホの割にはよく撮れている印象です。

流石にiPhone 12 Pro Maxのようなカメラを売りにしたスマホと比べると、明るさや鮮明さには欠けます。

ちなみにシャッター音はオフにできるので、音が出しづらい環境での撮影がしやすく便利ですね。

おサイフケータイに対応

Jelly 2の日本モデルはおサイフケータイに対応しており、SuicaやQUICPayなどの様々な決済に対応しています。

Jelly 2をいつでも取り出せる様に常にポケットに入れていますが、軽くて小さいので邪魔にならないのが良いですね。

決済専用にJelly 2を持ち歩いても良いと思えるほど、使い勝手がいいですよ。

プログラマブルキーには好きなアプリが割り当てられる

Jelly 2 レビュー_プログラマブルキー

本体右側面の電源ボタンの隣には、プログラマブルキーというボタンが搭載されています。

Jelly 2 レビュー_プログラマブルキー設定画面

プログラマブルキー(Smart key)は「一回押し」、「長押し」、「二回押し」のそれぞれに好きな機能やアプリを割り当てることができます

カメラや決済アプリなどのよく使う機能を割り当てているのですが、瞬時に起動できるのは便利ですね。

価格:公式サイトにて219.99ドルで受付開始

Jelly 2のクラウドファンディングは既に終了していますが、一般販売をUnihertz公式サイトにて開始しています。

価格は219.99ドル(約23,100円)とスペックの割には十分安くてお買い得です。

最近の高価なスマホと比べれば、サブ機として気軽に購入できる価格ですね。

商品の発送は3月5日より順次開始となっています。

 

まとめ

Jelly 2はとにかくコンパクトで、本当にスマートフォンなのかと思わせられるほどのサイズ感です。

スマホで何をするのかにもよりますが、正直メイン機としての運用は画面が小さすぎてオススメはできません。

ただし、持ち運びが全く苦にならずサブ機としてこれほど適したスマホはありません

おサイフケータイを搭載しているので決済専用に使うのも良いですし、ビジネス用途で電話やメール専用に使うのも良いですね。

コンパクトさに魅力を魅力を見出せる人や、コンパクトさを活かせる人にとってJelly 2は最高の端末です。