初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

Apple Pencil(第1世代)レビュー | 発売からしばらく経つが性能は一級品

  • 2020年9月30日
  • iPad
Apple Pencil(第1世代)アイキャッチ画像

Apple Pencil(第1世代)を実際に購入しましたのでレビューします。

発売からしばらく経過していますが、現行モデル(iPad mini 5thなど)含め様々なiPadで使用できます。

描き心地や純正品ならではの使いやすさが、Apple Pencilならではの大きな魅力ですね。

今回紹介する製品

メーカー Apple(アップル)
製品名 Apple Pencil(第1世代)
製品ジャンル タッチペン
発売日 2015年11月11日
価格(税別) 10,800円
タッチペンにしては高めの価格ですが、描き心地は抜群です

Apple Pencil(第1世代)のオススメポイント

筆圧や傾きによって線の強弱を表現できる
約20分でフル充電できる
多くのiPadに対応している
あっという間に充電が完了するので、バッテリー残量を気にすることなく使えます

気になる点

  • 最新のiPad ProやAirに非対応
  • iPadのLightningコネクタへの接続が不便
  • Lightningケーブルでの充電速度が遅い
もう少しスマートな接続方法だと良かったですね

Apple Pencil(第1世代)の特徴・評価

握り心地・形状 4.0
描き心地 4.5
充電方法・バッテリー 3.5
ペアリング 4.0
機能性 4.0
コストパフォーマンス 3.5

握り心地・形状: 4.0

Apple Pencil(第1世代)外観

表面は光沢仕上げとなっており、ややツルツルしますが気になるほどではありません。

形状は丸軸となっており、色鉛筆のような感覚で握ることができます

握りやすい形状なのですが、転がりやすい点には注意が必要だと感じました。

描き心地: 4.5

Apple Pencil(第1世代)試し描き

一般的なタッチペンとは異なり、Apple Pencilは筆圧や傾きを検知してくれます。

線の太さや濃淡を表現でき、実際のペンのような表現が可能です。

ただし、画面保護フィルムによって描きやすさは大きく変わります

光沢ガラスフィルムの場合はペン先がかなり滑るので、ブレのない綺麗な線を引くのが難しいです。

紙のような描きやすさを追求するなら、ペーパーライクフィルムがオススメです。

充電方法・バッテリー: 3.5

Apple Pencil(第1世代)バッテリー残量

充電時間は非常に短く、約20分で0%から100%に達します

バッテリー残量はホーム画面かロック画面を右にスワイプすることで確認ができます。

Apple Pencil(第1世代)接続

充電はiPadのLightningコネクタにApple Pencilを接続することで行います。

スマートな充電方法とは言い難く、カバンのような狭いスペースでの充電は困難ですね。

ちなみにLightningケーブルを使って充電もできるのですが、充電に2~3時間を要するのでオススメはしません。

ペアリング: 4.0

Apple Pencil(第1世代)Lightningコネクタ

充電と同様にiPadのLightningコネクタにApple Pencilを接続することでペアリング(Bluetooth接続)が完了します。

iPadを再起動したり機内モードにしない限りはペアリングが継続します。

とっさにメモをとりたいような状況でも、すぐにApple Pencilが使えるので便利ですね。

機能性: 4.0

Apple Pencil(第1世代)メモ起動

Apple Pencilには、メモを素早く取る機能が備わっています。

ロック画面上をApple Pencilでタップすると、「メモ」アプリを瞬時に呼び出すことができます。ロックを解除することなくメモを呼び出せるのは便利ですね。

Apple Pencil(第1世代)スクリーンショット

また、Apple Pencilで画面の右下もしくは左下からスワイプすれば、スクリーンショットを取ることもできます

一方で、コントロールセンターを呼び出したりホーム画面に戻るといったジェスチャー操作はApple Pencilでは行えません。やや不便に感じるポイントですね。

コストパフォーマンス: 3.5

税込で約1.2万円とタッチペンとしては高価です。

ただし、実際のペンのように筆圧や傾きを再現できるのはApple Pencilならではの性能です。

高価ではありますが、スペックを考慮すれば納得の価格です。

Apple Pencil(第1世代)をオススメしたいユーザー

  • iPadで絵を描いたり、ノートをとりたい
  • 実際のペンに近い描き心地を求めている
  • 純正品ならではの使いやすさに魅力を感じる

スペック

メーカー Apple(アップル)
製品名 Apple Pencil(第1世代)
製品ジャンル タッチペン
発売日 2015年11月11日
価格(税別)  10,800円
本体サイズ 長さ175.7 mm、直径8.9 mm
重さ 20.7 g
接続方法 Bluetooth、Lightningコネクタ
対応機種 iPad Pro(12.9インチ)(第1, 第2世代)
iPad Pro(9.7、10.5インチ)
iPad Air(第3世代)
iPad(第6-第8世代)
iPad mini(第5世代)
現行モデルのiPad(第8世代)やiPad mini(第5世代)にも対応していますね

iPad mini 5thの実機レビューはこちら

iPad mini 5th 実機レビュー | CPU性能が大幅に進化!

まとめ

Apple Pencil(第1世代)をレビューしてきました。

実際のペンのように、線の濃淡や太さを表現できるのがApple Pencil最大の魅力だと感じました。

さらにバッテリーの残量確認や、メモアプリのワンタッチ起動などiPadで使いやすいのも嬉しいポイントです。

絵を描いたりノートをとるなど明確な目的があるならば、多少高価でもApple Pencilをオススメしたいですね。