初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

Redmi Note 9S 実機レビュー | カメラやバッテリーなどあらゆる面でコスパ抜群!

Redmi Note 9S_アイキャッチ画像

2020年6月に発売のスマートフォン「Redmi Note 9S」を購入しましたので、実機レビューをします。

RAMとストレージは4GB/64GB、色はインターステラグレーを選択しました 。

「Redmi Note 9S」は

  • 価格は抑えたいけど、性能は妥協したくない
  • サイズや重さよりも、大画面やバッテリーを重視したい
  • おサイフケータイや防水・防塵は必要としていない

そんな方にピッタリなスマートフォンです。

3万円を切る価格にしては、かなりCPU性能が高くてサクサク動作するので私自身も驚いています。

5020mAhの大容量バッテリーや4眼カメラも価格以上の満足度ですね。

それでは、そんなコストパフォーマンス抜群な「Redmi Note 9S」を詳しくレビューしていきます。

Redmi Note 9Sの基本スペック

発売日 2020年6月9日
本体サイズ 縦165.75 x 幅76.68 x 厚さ8.8mm
重さ 209g
ディスプレイ 6.67インチ液晶
(2400 x 1080ピクセル)
バッテリー容量 5020 mAh
CPU Snapdragon 720G
RAM・ストレージ 4GB+64GB、6GB+128GB
外部メモリ microSD(最大512GB)
アウトカメラ 4800万画素(広角)+800万画素(超広角)+500万画素(マクロ)+200万画素(深度)
インカメラ 1600万画素
価格(税込) [4GB + 64GB]: 24,800円
[6GB + 128GB]: 29,800円
2万円台と非常に安価ながら、抜かりのない充実したスペックには感心しますね。

Redmi Note 9Sのオススメポイント

バッテリー持ちが非常に良く、充電速度も速い
1クラス上のCPU性能でサクサク動作!ゲームもOK
6.67インチの大画面で動画視聴やゲームがはかどる
4眼カメラの画質も価格以上だと感じました。オススメポイントだらけな端末ですね。

気になる点

  • 片手操作がつらい大きさ、ずっしりとした重さ
  • カメラがかなり出っ張っている
  • おサイフケータイや防水・防塵に対応していない
ディスプレイサイズやバッテリー容量を考慮すれば、本体サイズと重さは仕方ありません。

Redmi Note 9Sの評価

デザイン・質感 4.5
携帯性 2.5
レスポンス 4.0
画面表示 3.5
バッテリー 5.0
カメラ 4.0
機能性 4.0
コストパフォーマンス 5.0

デザイン・質感: 4.5

Redmi Note 9S_外観1

安価なスマホは外観にも安っぽさが感じられるものですが、Redmi Note 9Sはかなり質感が高いです。

外観は高価なハイエンドスマホ並のクオリティです。

背面のガラスパネルは非常に美しいですね。ツヤツヤな質感でいつまでも見ていたくなります。

私が選択した色のインターステラグレーは、グレーというよりは落ち着きのあるメタリックブルーという印象です。

誰にでもオススメできそうな上品な色です。

Redmi Note 9S_カメラ

背面のカメラの出っ張りは唯一気になるポイントです。かなり出っ張っているのでケースを装着することをオススメします。

携帯性: 2.5

Redmi Note 9S_ハンズオン

本体サイズ 縦165.75 x 幅76.68 x 厚さ8.8mm
重さ 209g

Redmi Note 9Sを握った瞬間に「大きい!重い!」と感じました。

まず本体サイズが大きく、片手での操作は結構辛いですね。できないことはないのですが、どうしても不安定な持ち方になってしまいます。

重さもかなりずっしりとしています。片手で長時間操作し続けると腕が疲れてきます。

レスポンス: 4.0

CPU Snapdragon 720G
RAM・ストレージ 4GB+64GB、6GB+128GB
AnTuTuベンチマーク(v8.4.3) 2561115(4GB+64GBモデル)

2万円台で買えるスマホの中では頭一つ抜けたCPU性能となっており、かなりサクサク動作します。

「Snapdragon 720G」といえば、4~5万円台のスマホに搭載されるようなCPUですからね。

CPUのベンチマークテストをしてみると、スコアは256115(AnTuTu v8.4.3)でした。

大抵のゲームは問題なく遊べる性能ですね。

RAMとストレージの組み合わせには2種類ありますが、私はRAM 4GB・ストレージ64GBのモデルを選択しました。

ゲームやブラウザなどいろいろ試していますが、RAM 4GBのモデルでも動作に不満を感じることはないですね。

画面表示: 3.5

Redmi Note 9S_ディスプレイ

6.67インチの液晶ディスプレイは非常に大きくて見やすいです。

ゲームや動画にピッタリなサイズです。

有機ELのような鮮やかさはありませんが、液晶としては発色が良い方です。

解像度はFHD+(2400 x 1080ピクセル)もあり、2万円台のスマホとしてはかなり高精細です。

インカメラはディスプレイ上部に搭載されていますが、小さいのであまり気にならないですね。

バッテリー: 5.0

Redmi Note 9Sのバッテリーはとにかく長持ちしますし、充電速度も速いです。

バッテリー容量は5020mAhとなっており、スマホ最大級の容量となっています。

頻繁に充電する必要がなく、外出先でも安心して使えています。

さらに最大18Wの急速充電にも対応しており、大容量のバッテリーながら短時間で充電できます。

さすがにワイヤレス充電には対応していませんが、それでも2万円台のスマホとは思えないほど充実したバッテリー仕様ですね。

カメラ: 4.0

アウトカメラ 4800万画素(広角、F1.79、1/2インチ)
800万画素(超広角、F2.2、視野角119°)
500万画素(マクロ、F2.4)
200万画素(深度、F2.4)
インカメラ 1600万画素(F2.48)

※広角カメラと超広角カメラで撮影した写真は後日追加予定です。

背面に4眼カメラを搭載しているため、撮影シーンに合わせて最適なカメラを使い分けることができます。

3万円を切る価格でカメラを4つ搭載しているスマホはほとんどありません。

広角カメラには1/2インチの大型センサーが用いられており、高精細な写真の撮影が可能です。ナイトモードにも対応しています。

超広角カメラは視野角119°の広範囲な撮影が可能です。歪み補正により、歪みのない写真が撮影できます。

マクロカメラは被写体に接近して撮影することができます。

Redmi Note 9S_写真(マクロ)
マクロカメラで撮影

マクロカメラを使ってトミカを撮影してみましたが、かなり近くまで寄れていますね。

画質も良い感じです。

機能性: 4.0

おサイフケータイや防水・防塵に非対応な点を除けば、価格の割に充実した機能性となっています。

底面には嬉しいことに3.5mmイヤホンジャックが備わっています。

Redmi Note 9S_右側面

右側面には指紋センサーが搭載されています。認証は一瞬で完了しますし、精度も問題ありません。

顔認証にも対応しているので、指紋認証と組み合わせて使うと便利ですよ。

上面には赤外線ポートを搭載しており、家電などの操作が可能です。

Redmi Note 9S_SIMトレー

左側面にはSIMスロットを搭載しています。microSDと2枚のSIMカードを独立してセットできるのが便利ですね。

対応バンドも幅広く、国内のキャリア全てのSIMカードが使えます。

コストパフォーマンス: 5.0

2万円台という価格に見合わないほどスペックが高く、恐ろしくコストパフォーマンスが優れています。

ディスプレイ・バッテリー・CPU・カメラなど、あらゆるスペックが価格以上の水準ですからね。

スマホトップレベルのコスパであることに間違いありません。

 

まとめ

Redmi Note 9S」はディスプレイやCPUなど、あらゆるスペックが2万円台の価格とは思えないほど高性能です。

さらに本体の質感もハイエンドスマホの領域に達しており、美しいガラスパネルには所有欲が満たされます。

  • サイズが大きく、重い
  • おサイフケータイや防水・防塵に非対応

以上の2点が問題なければ、安価なスマホとして迷わずRedmi Note 9Sをオススメしたいですね。