初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

Xiaomi Mi Note 10 実機レビュー | 1億画素カメラ&大容量バッテリー搭載!

Mi Note 10アイキャッチ画像

2019年12月に発売されたスマートフォンのXiaomi Mi Note 10(シャオミ・ミー・ノート・テン)の実機レビュー・評価をします。

今回レビューする製品

メーカー Xiaomi(シャオミ)
製品名 Mi Note 10 Mi Note 10 Pro
発売時期 2019年12月16日 2019年12月23日
希望小売価格 52,800円(税別) 64,800円(税別)
Xiaomi日本進出初のスマホです!

オススメポイント

5眼カメラ&スマホ初の1億画素!世界最高レベルの評価!

Xiaomi Mi Note 10は5万円台から購入できる中価格帯のスマホですが、カメラの評価はスマホ世界第2位(DXOMARK: 121)を誇っています。(2020年1月現在)5眼カメラを搭載しており、メインカメラはスマホ初の1億画素超えです。様々なシーンを高画質で撮影可能なカメラ最強のスマホです!
スマホ最大級のバッテリー容量!急速充電にも対応!

バッテリー容量は5260mAhと、スマホ最大級です。実際バッテリーはかなり長持ちします。また急速充電に対応しており、付属の充電器を使うことで約1時間で100%の充電が可能です。バッテリーの心配をすることなくカメラの連続使用が可能です!
有機EL・画面内指紋認証・DSDV等カメラ以外の機能も充実!

カメラ性能はもちろん、それ以外の機能も充実しています。大容量バッテリーをはじめ、有機ELディスプレイ・画面内指紋認証・DSDV(2枚のSIM同時待受)等カメラ以外も優秀なスマホです。

気になる点

  1. 「おサイフケータイ」や「防水・防塵」に対応していない
  2. スマホの中では重量級(208g)
  3. ミドル級CPUのため高負荷なゲームに適さない
以上3点の機能を重視しない場合は問題ありません

Xiaomi Mi Note 10の評価

  • デザイン・質感:9.0 / 10
  • レスポンス:9.0 / 10
  • 画面表示:9.0 / 10
  • バッテリー:10 / 10
  • カメラ:10 / 10
  • 機能性:8.5 / 10
  • コストパフォーマンス:9.5 / 10

デザイン・質感:9.0 / 10

Mi Note 10外観2

ディスプレイ両端は3D曲面となっており、左右のエッジ(縁)が細くスマートで高級感があります

背面ガラスも側面のアルミフレームに沿って丸みを帯びており、上質であるとともに握りやすさを感じます

Mi Note 10外観1

カラーバリエーションはブラック・ホワイト・グリーン系の全3色です。

本記事に掲載のグレイシャー・ホワイトは純粋なホワイトではなく、プリズムがかった色をしており立体的で上品な色です。

全体的にハイエンドモデルに迫るクオリティの高さです。

レスポンス:9.0 / 10

CPUは「Snapdragon 730G」を搭載します。ミドルCPUの中でもハイエンド寄りとなっており、ほとんどのアプリは快適に動作します。

タッチパネルの感度も良好で、スクロールは滑らかに動きます。

また、3Dゲームも高画質設定にしなければ十分快適にプレイ可能です。

画面表示:9.0 / 10

Mi Note 10画面1

ディスプレイは6.47インチFHD+(2340 x 1080ピクセル)3D曲面有機ELを搭載しています。

有機ELならではの高コントラストで、非常に発色が良いです。

ディスプレイ両端の3D曲面は素敵なデザインですが実用上特にメリットはありません。画面保護フィルムの貼付難度が高いため、3D曲面は好みが分かれます。

バッテリー:10 / 10

バッテリー容量は5260mAhです。スマホ最大級の容量となっており、バッテリー持ちは非常に優れています。

さらにバッテリーの急速充電にも対応しています。付属の30W急速充電器を使うことで約1時間でフル充電可能です。

カメラ:10 / 10

Mi Note 10カメラ1

5つものアウトカメラを搭載し、メインカメラはスマホ初の1億画素超えです。実力も確かで、カメラベンチマークはスマホ世界第2位(DXOMARK: 121)となっています。(2020年1月現在)

メイン以外にも望遠・超広角・マクロカメラを搭載しており、様々なシーンに対応可能です。

さらにメインカメラ(1億800万画素)と望遠カメラ(500万画素、光学5倍)には光学手ブレ補正を搭載しており、手ブレとは無縁の撮影が可能です。

Mi Note 10_写真1

メインカメラのセンサーサイズは1/1.33インチと非常に大きいため、自然と背景がボケてくれます

逆に意図せずにボケてしまうため、扱いにくいシーンもあります。

機能性:8.5 / 10

カメラやバッテリーの他にも、有機ELディスプレイ・画面内指紋認証・DSDV等充実した機能性です。

SIMカードはドコモ・au・ソフトバンク系列全てに対応しているため、現在契約している回線がそのまま使えます。さらに複数回線契約している場合に便利な2枚のSIM同時待受(DSDV)にも対応しています。

「おサイフケータイ」や「防水・防塵」に対応していない点には注意が必要です。

コストパフォーマンス:9.5 / 10

5万円台でスマホとして世界最高レベルのカメラが手に入ってしまいます。同水準のカメラを装備するスマホが軒並み10万円前後することを考慮すると、非常にお買い得です。

カメラだけでなく、大容量バッテリーや有機ELディスプレイ・画面内指紋認証等機能も充実しており、コストパフォーマンスの高いスマホです。

 

『コストパフォーマンス』が高いスマホなら、こちらの商品もオススメ!
【OPPO Reno A】評価・レビュー / FeliCaに防水・防塵対応のベストバイスマホ

Xiaomi Mi Note 10をオススメしたいユーザー

  • スマホ最高レベルのカメラが欲しい
  • 携帯性(重さ)よりバッテリーを重視したい
  • 「おサイフケータイ」や「防水・防塵性能」は必要ない

スペック

メーカー XIaomi(シャオミ)
製品名 Mi Note 10 Mi Note 10 Pro
発売日 2019年12月16日 2019年12月23日
希望小売価格 52,800円(税別) 64,800円(税別)
OS MIUI 11
本体サイズ 縦157.8 x 幅74.2 x 厚さ9.67 mm
重さ 208 g
カラー ミッドナイトブラック
グレイシャー・ホワイト
オーロラグリーン
ディスプレイサイズ・種類 6.47インチ3D曲面有機EL
デイスプレイ解像度 FHD+(2340 x 1080ピクセル)
バッテリー容量 5260 mAh
Qi(ワイヤレス充電) ×
CPU Qualcomm Snapdragon 730G / オクタコア(最大2.2 GHz)
内蔵メモリ 6 GB RAM / 128 GB ROM 8 GB RAM / 256 GB ROM
外部メモリ ×
アウトカメラ画素数 1億800万画素(メイン、F1.69、OIS)
1200万画素(ポートレート、F2.0、光学2倍)
2000万画素(超広角、F2.2)
500万画素(望遠、F2.0、OIS、光学5倍)
200万画素(マクロ)
インカメラ画素数 3200万画素
対応バンド FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
TDD LTE: B38 / 40
WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM:  B2 / B3 / B5 / B8
SIMスロット nanoSIM x 2(DSDV対応)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB Type-C
おサイフケータイ ×
NFC
防水・防塵 ×
イヤホンジャック
生体認証 指紋認証(画面内)、顔認証
Mi Note 10 ProはRAM・ROMだけでなく、メインカメラのレンズが7→8枚に増えます

まとめ

【Xiaomi Mi Note 10】(シャオミ・ミー・ノート・テン)は価格が5万円台ながら、スマホとしては世界最高レベルのカメラ性能を備えています。

口コミの評判も良く、多くのユーザーが特にカメラ・バッテリー性能に満足しています。

カメラ性能には人一倍こだわりたい方には間違いなくオススメできる一台です!