初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

OPPO Reno A 実機レビュー | FeliCaに防水・防塵対応のベストバイスマホ

Reno Aアイキャッチ画像

2019年10月に発売されたスマートフォンのOPPO Reno A(オッポ・リノ・エー)の実機レビュー・評価をします。

今回レビューする製品

メーカー OPPO(オッポ)
製品名 Reno A
発売時期 2019年10月18日
希望小売価格 35,800円(税別)
3万円台後半で機能てんこ盛りの非常にコスパの高いスマホです!

オススメポイント

FeliCaや防水・防塵に対応!国産スマホに負けない利便性!

OPPOは中国メーカーですが、 Reno AはFeliCa(おサイフケータイ)や防水・防塵といった日本人が重宝する機能にしっかり対応しています。FeliCaや防水・防塵に対応した同価格帯の国産スマホよりも性能が優れており、オススメです。
フラッグシップ級の機能が3万円台後半で買える!

FeliCaや防水・防塵の他にも、有機ELディスプレイやディスプレイ内指紋センサー・大容量バッテリーに6GB RAM搭載など、フラッグシップ級の機能を備えています。3万円台後半で買えるスマホとは思えないスペックです。
3大キャリア対応!2枚のSIM同時待受も!

「ドコモ・au・ソフトバンク」の3大キャリア全てに対応しているため、現在契約している回線がそのまま使えます。さらに「2枚のSIM同時待受(DSDV)」にも対応しているため、複数回線を契約している方にもオススメです。

気になる点

  1. 「ワイヤレス充電」や「急速充電」に対応していない。
  2. 「超広角カメラ」や「望遠カメラ」を搭載していない。
  3. 「負荷のかかる高画質のゲーム」に適していない。
以上3点の機能を重視しない場合は問題ありません

OPPO Reno Aの評価

  • デザイン・質感:8.5 / 10
  • レスポンス:8.0 / 10
  • 画面表示:9.0 / 10
  • バッテリー:8.0 / 10
  • カメラ:8.0 / 10
  • 機能性:9.0 / 10
  • コストパフォーマンス:10 / 10

デザイン・質感:8.5 / 10

Reno A外観

側面フレームから背面ガラスにかけて、まるで一体成形のような統一感があります。

電源ボタンの緑の差し色が良いアクセントになっています。

カメラの出っ張りもほとんどなく、すっきりしたデザインに好感が持てます

レスポンス:8.0 / 10

WEBブラウジングやLINE、動画視聴からゲームまでほとんどのアプリは快適に動作します。

ただし、スクロールの追従性には多少癖があり、時折追従に遅れが見られます。

また、3Dゲームも高画質設定にしなければ十分快適にプレイ可能です。

画面表示:9.0 / 10

Reno A画面

ディスプレイは6.4インチFHD+(2340 x 1080ピクセル)有機ELを搭載しています。
視野角は広く、画面輝度は十分です。

画質は有機ELならではの高コントラストで、非常に発色が良いです。

画面占有率は91%を占めており、6.4インチの大画面ながら非常に持ちやすいサイズ感です。

バッテリー:8.0 / 10

バッテリー容量は3600mAhです。バッテリーの持ちは十分優れているように感じます。

ただし、バッテリーの急速充電には対応しておらず充電速度はあまり早くありません。

カメラ:8.0 / 10

Reno Aで撮った写真

3万円台で買えるスマホとしてはかなり良い画質です。
色鮮やかに写真を撮ることができ、様々なシチュエーションを得意とします。

ぱっと見で誰が見ても綺麗だと思えるような写真が撮れます。

風景や料理の写真など、積極的に撮影したくなりますね。

ただし、写真の細部は「塗った感」が強く、加工感があるため好みが分かれるかもしれません。

また、超広角カメラや望遠カメラは搭載していないため、至近距離の広範囲や遠距離の撮影には適していません。

機能性:9.0 / 10

FeliCa、防水・防塵対応、ディスプレイ内指紋センサー、USB-C端子等3万円台後半のスマホとは思えないほど機能が充実しています。

SIMカードはドコモ・au・ソフトバンク系列全てに対応しているため、現在契約している回線がそのまま使えます。さらに複数回線契約している場合に便利な2枚のSIM同時待受(DSDV)にも対応しています。

ワイヤレス充電や急速充電に対応していない点には注意が必要です。

コストパフォーマンス:10 / 10

3万円台後半でここまでスペックや機能が充実したスマホはありません。

FeliCaに防水・防塵、有機ELディスプレイにディスプレイ内指紋認証等、3万円台後半という価格が信じられないほどお買い得です。

 

「コストパフォーマンス」が高いスマホなら、こちらの商品もオススメ!
【HUAWEI P30 lite】評価・レビュー / トリプルカメラ付きのコスパ最強スマホ

OPPO Reno Aをオススメしたいユーザー

  • スマホを安く買いたいが、スペックや機能は妥協したくない
  • ゲームはそこそこ快適にプレイできれば良い
  • おサイフケータイや防水・防塵機能が欲しい

スペック

メーカー OPPO(オッポ)
製品名 Reno A
発売日 2019年10月18日
希望小売価格 35,800円(税別)
OS ColorOS 6(Android 9ベース)
本体サイズ 縦158.4 x 幅75.4 x 厚さ7.8 mm
重さ 169.5 g
カラー ブルー
ブラック
ディスプレイサイズ・種類 6.4インチ有機EL
デイスプレイ解像度 FHD+(2340 x 1080ピクセル)
バッテリー容量 3600 mAh
Qi(ワイヤレス充電) ×
CPU Qualcomm Snapdragon 710 / オクタコア(2.2 GHz x 2 + 1.7 GHz x 6)
内蔵メモリ 6 GB RAM / 64 GB ROM
(楽天版は128 GB ROM)
外部メモリ microSD(最大256 GB)
アウトカメラ画素数 1600万画素(広角)
200万画素(深度測定用)
インカメラ画素数 2500万画素
対応バンド FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
TDD LTE: B38 / 39 / 40 / 41
WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIMスロット nanoSIM x 2(DSDV対応)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB Type-C
おサイフケータイ
NFC
防水・防塵 ○(IP67)
イヤホンジャック
生体認証 指紋認証(ディスプレイ内)、顔認証
防水・防塵に対応しながらイヤホンジャックを搭載している点が評価できますね!

まとめ

【OPPO Reno A】(オッポ・リノ・エー)は価格が3万円台後半ながら、これでもかというほど機能・スペックが充実しています。

口コミの評判も良く、多くのユーザーが特にコストパフォーマンスの良さに満足しています。

ワイヤレス充電非対応やゲーム性能等細かな点が気にならなければ、間違いなく「買い」の一台です。