初心者でも一目でわかる!スマホを中心とした「ガジェット」徹底レビューサイト

Redmi Note 10 Proのスペックまとめ・評価 | 120Hz有機ELと108MPカメラ搭載なのに安すぎる

Redmi Note 10 Pro_アイキャッチ画像

Redmi Note 10 Proは安価なミドルレンジスマホですが、ディスプレイやカメラなどハイエンドモデル並みの性能を持っています。

ディスプレイはリフレッシュレート120Hzの有機EL、カメラは1億800万画素と非常にハイスペックです。

さらに、33W急速充電に対応の5020mAh大容量バッテリーやデュアルステレオスピーカーなどあらゆる面で優れています。

そんなコスパ抜群なRedmi Note 10 Proのスペックと特徴を見ていきましょう。

Redmi Note 10 Proのオススメポイント

120Hz駆動の有機ELディスプレイ
1億800万画素のメインカメラ
33W急速充電に対応した5020mAh大容量バッテリー
DAI
カメラ・ディスプレイ・バッテリーはハイエンドモデルにも引けを取らない充実したスペックです。

気になる点

  • FeliCaに非対応
DAI
キャリアモデルのRedmi Note 9Tとは異なり、FeliCaは搭載されていません。

 

Redmi Note 10 Proの特徴・評価

デザイン 4.5
携帯性 3.5
レスポンス 4.0
ディスプレイ 4.5
バッテリー 5.0
カメラ 4.0
価格 5.0

デザイン・サイズ

Redmi Note 10 Pro_外観1

シルバーで縁取られたメインカメラをはじめ、カメラはRedmi Note 10 Proだと一目でわかるデザインですね。

サイズは縦164 x 幅76.5 x 厚さ8.1mmとやや大きめですが、背面の3D曲面ガラスのおかげで握りやすそうです。

Redmi Note 10 Pro_指紋センサー

側面には指紋センサーや3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されているのが特徴的です。

Redmi Note 10 Pro_上部

ディスプレイはフラットな形状となっており、上部の中心にはパンチホール式のインカメラが備わっています。

フラッグシップ級の1億800万画素メインカメラを装備

Redmi Note 10 Pro_カメラ

Redmi Note 10 Proには上位モデルと同等の1億800万画素広角カメラが搭載されています。

センサーサイズが1/1.52インチと大きく、光を多く取り込むことでノイズの少ない高画質な写真を撮影できます。

DAI
高価なハイエンドモデルに採用されているカメラを安価なRedmi Noteシリーズに搭載してきたのは驚きです。

広角カメラ以外には、超広角・マクロ・深度カメラを搭載しています。

マクロカメラもRedmi Note 10 Proならではの特徴を持っており、一般的なスマホと比較して2倍寄ることができます

チップセットはミドルレンジ向けの「Snapdragon 732G」を採用

チップセットはミドルレンジ向けの「Snapdragon 732G」を搭載しています。

ハイエンドスマホには及びませんが、ゲームも楽しむことができる性能です。

RAMは6GB、ストレージは128GBを搭載しています。

120Hz駆動の6.67インチ有機ELディスプレイ

Redmi Note 10 Pro_ディスプレイ

Redmi Note 10 Proには120Hz駆動の有機ELディスプレイが搭載されています。

液晶ではなく有機ELを採用しているだけでもお買い得感がありますが、さらにリフレッシュレート120Hzに対応しているのは驚きですね。

スクロールの滑らかさはもちろん、120Hzに対応のゲームを滑らかに楽しむことができます。

さらにタッチサンプリングレートは240Hzもあり、素早いタッチ反応でゲームを有利に進められます。

DAI
ゲーミングスマホかと思わせられる仕様のディスプレイですね。

33W急速充電に対応した5020mAh大容量バッテリー搭載

Redmi Note 10 Pro_バッテリー

バッテリーは5020mAhと非常に大容量で、長時間の使用も安心です。

さらに、33W急速充電にも対応しており、30分で59%も充電することができます。

DAI
バッテリー容量、充電速度ともに満足できるスペックです。

デュアルステレオスピーカーを採用

Redmi Note 10 Proにはデュアルステレオスピーカーが搭載されており、音楽・動画・ゲームなどを没入感のあるパワフルなサウンドで楽しむことができます。

価格:充実したスペックからは考えられないほど安い

Redmi Note 10 Proの価格は税込34,800円と安価ながら、スペックは驚くほど高性能です。

チップセットはミドルレンジ向けですが、ディスプレイ・カメラ・バッテリー・スピーカーはハイエンド並みという充実ぶりです。

約3.5万円の価格で、ここまで性能の高いスマホは他に見当たりません。

驚くほどコスパが優れているのは間違いありませんね

 

Redmi Note 10 Proのスペック

メーカー Xiaomi(シャオミ)
発売日 2021年4月16日
価格(税込) 34,800円
本体サイズ 縦164 x 幅76.5 x 厚さ8.1mm
重さ 193g
カラー グレイシャーブルー、グラディエントブロンズ、オニキスグレー
ディスプレイ 6.67インチ有機EL
(2400 x 1080ピクセル)
バッテリー容量 5020mAh(33W急速充電)
ワイヤレス充電 ×
OS MIUI 12 (Android 11ベース)
CPU Qualcomm Snapdragon 732G
RAM・ストレージ 6GB+128GB
外部メモリ microSD
アウトカメラ 1億800万画素(広角、f/1.9、1/1.52インチ)
800万画素(超広角、f/2.2、画角118°)
500万画素(マクロ、f/2.4)
200万画素(深度、f/2.4)
インカメラ 1600万画素(f/2.45)
対応バンド 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
4G:TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz
SIMカード nanoSIM x 2
Wi-Fi 2.4GHz/5GHz
Bluetooth 5.1
コネクタ USB Type-C
おサイフケータイ/NFC ×/○
防水・防塵 IP53
イヤホンジャック
生体認証 指紋認証、顔認証
公式サイト Redmi Note 10 Pro

まとめ

Redmi Note 10 Proは安価な位置付けのスマホですが、安価とは思えないほど充実した点がいくつもあります。

120Hzの有機ELディスプレイ、1億800万画素のカメラ、5020mAh大容量バッテリー、デュアルステレオスピーカーといった特徴はハイエンドスマホにも負けていません。

先代のRedmi Note 9Sもかなりお買い得なスマホでしたが、Redmi Note 10 Proの充実したスペックには驚きです。

これは買わざるを得ないと思わせられる出来ですね。